アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6306

早石修



生化学者で京都大学名誉教授の早石修、京都市の病院で17日死去、95歳。

1920年カリフォルニア州生まれ。42年大阪帝国大学医学部医学科を卒業。49年大阪大学から博士号授与。ウィスコンシン大学酵素研究所研究員、カリフォルニア大学研究員、ワシントン大学医学部助教授、米国立衛生研究所毒物学部長などをへて、58年京都大学医学部教授に就任。61年大阪大学医学部教授併任。68年ヴァンダービルト大学教授。70年東京大学医学部教授併任。
83年京都大学退官、その後83-89年まで大阪医科大学学長、87年大阪バイオサイエンス研究所所長などを務めた。

生体内の呼吸などの活動にかかわる酸素添加酵素を発見し、ノーベル賞候補といわれた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop