アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6318

海原小浜



元漫才師でタレントの(本名:田中桃江)、大阪市内の病院で24日死去、91歳。

1924年岡山県高梁市出身。6歳で大衆演劇の子ども座長を務める。43年叔母の梅本キミコ(海原お浜)と漫才コンビを結成。お浜がボケ、小浜がツッコミで、「ハッピーお浜・小浜」と名乗ったが、戦時中は「愛国お浜・小浜」に改名させられた。戦後「さざ波お浜・小浜」に再改名し、さらに漫談家の西条凡児により「海原」に命名。
、客席を沸かせた。テレビのワイドショーの先駆け、毎日放送の「千客万来」(65年~72年)にもレギュラー出演した。

75年上方お笑い大賞を受賞。78年お浜が白内障を患ったためコンビ解消。05年度には94年に亡くなったお浜と共に上方演芸の殿堂入りを果たした。
姉妹漫才コンビの海原やすよ・ともこは孫。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop