アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6349

ハヤブサ



プロレスラーのハヤブサ(本名:江崎英治)、蜘蛛膜下出血のため3日死去、47歳。

1968年熊本県八代市生まれ。熊本商科大学(現:熊本学園大学)を卒業。在学中は「肥後ずいき」のリングネームで学生プロレスのリングに上がった。
91年FMWに入門、同年5月愛知・名古屋国際会議場大会でデビュー。その後、覆面レスラーのハヤブサに変身し、ファルコンアロー、フェニックス・スプラッシュなどを得意技とし人気をえる。。95年師匠・大仁田厚の「引退試合」の相手を務める。97年全日本プロレスにも参戦し、プロレス大賞殊勲賞を受賞した。
98年FMW認定2冠統一、01年WEWタッグなどのタイトルを獲得。エースの座にのぼりつめた。
99年マスクを取り、H(エイチ)もリングネームで活動。00年から再びハヤブサに戻った。

01年10月リングで頭部を強打し、外傷性頚椎損傷のため引退。その後、車いすでTV出演などをこなした。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop