アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6355

上田正昭



歴史学者で京都大学名誉教授の上田正昭、京都府内の自宅で13日死去、88歳。

1927年兵庫県城崎町(現:豊岡市)生まれ。50年京都大学文学部を卒業。京都府立高校教諭、京都大学助教授をへて、71年同教授に就任。91年名誉教授となる。
91-97年まで大阪女子大学(現:大阪府立大)学長、96年からアジア史学会会長、99-15年まで世界人権問題研究センター理事長、03年から京都府埋蔵文化財調査研究センター理事長を務めた。。

56年「神話の世界」を出版。70年「日本神話」で毎日出版文化賞を受賞。中国の土着宗教である道教のほか仏教、神道、さらに神楽や舞楽などを東アジア圏のなか比較しながら、古代史研究を続けた。
67年「大和朝廷」では、奈良県三輪地域で4世紀前半に三輪王権が成立、5世紀の河内王朝へと受け継がれたとする河内王朝論を説いた。
著書は81冊、編著・共著は541冊に及ぶ。

02年発足のNPO法人社叢学会の理事長、07年開館の島根県立古代出雲歴史博物館名誉館長を務めた。
歌人でもあり、歌集に「共生」「鎮魂」「史脈」がある。

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop