アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6393

パトリック・エケング



カメルーンのサッカー選手パトリック・エケング(Patrick Claude Ekeng Ekeng)、試合中の心臓発作のため6日死去、26歳。

1990年カメルーンのヤウンデ生まれ。06年16歳でキャノン・ヤウンデのユースチームに加入。09年19歳のときフランス・リーグ・アンのル・マンFCに3年契約で移籍。11年3部のフランス全国選手権に所属するロデーズAFにレンタル移籍。13年退団、2年契約でFCローザンヌ・スポルトに移籍。14-15年コルドバをへて、16年からルーマニア1部のディナモ・ブカレストでプレーしていた。

アフリカユース選手権2009でU-20代表に選出される。
15年にカメルーン代表に初出場、同年のアフリカネイションズカップ2015の際にも選出された。

リーガ1・FCディナモ・ブカレスト対FCヴィトルル・コンスタンツァ戦に途中出場。7分後にピッチ内で昏倒し、搬送先の病院で死亡が確認された。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop