アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6405

モハメド・アリ



米プロボクシング元ヘビー級王者のモハメド・アリ(Muhammad Ali)、呼吸器疾患のためアリゾナ州フェニックスで3日死去、74歳。

1942年米ケンタッキー州ルイビル生まれ。出生名カシアス・クレイ。12歳からボクシングを始める。60年ローマ五輪でライトヘビー級金メダルを獲得、同年プロ転向。
64年ヘビー級王者に挑戦、ソニー・リストンを破り世界王座獲得。「チョウのように舞い、ハチのように刺す」という形容された。同じころ、黒人指導者のマルコムXらの影響を受けてイスラム教に改宗、名前をモハメド・アリに改めた。

67年信仰とベトナム戦争への反対を理由に米軍への入隊を拒否。ボクシングライセンスを剝奪され、王座も失う。このとき「私とベトコンの間に争いはない」と述べて、世論に影響を与えた。
70年ライセンス再取得しリング復帰。74年ジョージ・フォアマンに勝利し、7年ぶりに王者奪回。78年レオン・スピンクスに敗れるも、同年再選で勝利し3度目の王者となった。
76年プロレスラーのアントニオ猪木と「格闘技世界一決定戦」を行い、時間切れ引き分け。

81年引退後、国連「平和大使」に指名されたが、パーキンソン病を発症。96年アトランタ五輪では病気に苦しみながら聖火点灯役を果たした。


  


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop