アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6447

パーヴェル・シェレメト



ジャーナリストのパーヴェル・シェレメト(Pavel Sheremet)、ウクライナのキエフで20日死去、44歳。自宅から職場に向かうため、乗用車を運転し始めた直後、車内に仕掛けられていた爆弾が爆発。即死した。

1971年ベラルーシ(当時:ソ連)のミンスク生まれ。ベラルーシ国立大学を卒業。銀行勤めからテレビ局に転職。ドキュメンタリーなどを手掛ける。90年代後半「ヨーロッパ最後の独裁者」といわれたアレクサンドル・ルカシェンコ政権に批判的な報道を展開。
ベラルーシの国籍を剥奪され、ロシアへ移住、国営テレビ局「チャンネル1 」に約10年間勤務した。
その後、報道の自由を求めてウクライナの首都キエフへ移住。インターネット報道機関「ウクラインスカヤ・プラヴダ(ウクライナの真実)」とFMラジオ局「ラジオ・ヴェスチ」で5年勤務した。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop