アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6455

豊田泰光



元プロ野球西鉄(現:西武)選手の豊田泰光、誤嚥性肺炎のため神奈川県川崎市内の病院で14日死去、81歳。

1935年茨城県大子町出身。水戸商業高校時代、52年夏の甲子園に出場。
53年西鉄に入団。同年打率2割8分1厘、27本塁打で新人王。56年同3割2分5厘で首位打者を獲得し、58年までの日本シリーズ3連覇に貢献。稲尾和久、中西太や大下弘らとともに西鉄の黄金時代を築いた。ポジションはショート。
63年国鉄(現:ヤクルト)に移籍、69年引退。
現役17年で通算1699安打、打率2割7分7厘、263本塁打、888打点、215盗塁。
06年特別表彰で野球殿堂入り。著書に「プロ野球を殺すのはだれだ」「豊田泰光のチェンジアップ人生論」など。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop