アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6473

 松山善三



映画監督で脚本家の松山善三、老衰のため東京都内の自宅で8月27日死去、91歳。

神戸市出身。46年岩手医学専門学校(現:岩手医科大学)を中退。48年助監督として松竹大船撮影所に入社、木下恵介監督に師事。「荒城の月」で脚本家デビュー。55年女優の高峰秀子と結婚。
61年聴覚障害者の夫婦しを描いた「名もなく貧しく美しく」で監督デビュー、毎日映画コンクールとブルーリボン賞の脚本賞を受賞した。81年サリドマイド症の被害者本人が出演したセミドキュメンタリー映画「典子は、今」を監督。他の監督作に「ふたりのイーダ」「虹の橋」など。

小林正樹監督の「人間の條件」シリーズほか、「乱れる」「恍惚の人」、一般公募で選ばれた「人間の証明」などの映画脚本も手がけた。 
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop