アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6478

加藤紘一



元衆院議員で自民党幹事長や官房長官を務めた加藤紘一、肺炎のため東京都内の病院で9日死去、77歳。

1939年名古屋市生まれ、山形県鶴岡市育ち。63年東京大学法学部政治学科を卒業、64年同大学法学部公法学科を卒業。外務省に入省し在職中台湾大学、ハーバード大学に留学。

72年衆院選で旧山形2区から出馬し初当選。大平派(宏池会、現岸田派)に所属。「宏池会のプリンス」と期待された。中曽根内閣で防衛庁長官として初入閣。
91年小泉純一郎元首相、山崎拓元党副総裁との間で「YKK」と称された盟友関係を結び、最大派閥の竹下派(経世会)に対抗した。宮沢政権で官房長官、橋本政権で党幹事長に起用された。98年宮沢喜一元首相から宏池会会長を引き継ぎ、首相に最も近い人物と見られていた。

99年自民党総裁選で敗北、反主流派に転じた。
00年森政権の倒閣を図った「加藤の乱」が失敗。02年脱税事件で責任を問われ派閥会長を辞任し、自民党を離党。その後、議員辞職に追い込まれた。

03年衆院選で再起、自民党に復党。12年衆院選で落選し、政界を引退。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop