アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6496

アーロン・プライヤー



元プロボクサーで元スーパーライト級世界王者のアーロン・プライヤー(Aaron Pryor)、9日死去、60歳。心臓病を患い、長く闘病生活が続けていた。

1955年オハイオ州シンシナティ生まれ。76年4RKO勝ちでプロデビュー。WBA・IBF世界スーパーライト級王者となり、歴代中量級ボクサーのなかで最強ともいわれる。82年アルゲリョを14回TKOで倒し、83年の再戦で10回KO勝利した試合は名勝負として語り継がれている。
しかし、麻薬所持や婦女暴行などでたびたび選手生命の危機に陥る。
87年現役復帰したが、ボビー・ジョー・ヤングにTKO負け。90年白内障と網膜剥離の手術を受け、その後の試合で3RKO勝利するも、同年完全引退。
プロでの戦績は39勝1敗35KO。シンシナティの荒鷲などの異名をとった。
その後、91年麻薬使用で逮捕され服役。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop