アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6501

平尾誠二



元ラグビー日本代表主将・監督で神戸製鋼コベルコスティーラーズゼネラルマネジャーの平尾誠二、20日死去、53歳。胆管細胞がんを患い、闘病生活を送っていた。

1963年京都市南区出身。81年伏見工高(当時)で山口良治監督のもと全国高校ラグビー大会初優勝。同志社大学ラグビー部で大学選手権3連覇に貢献。86年英国リッチモンドにラグビー留学。86年神戸製鋼所に入社、同ラグビー部を7年連続日本一に導く。
87年に始まったラグビーワールドカップ(W杯)に3大会連続出場、92年キャプテンを務め日本代表初勝利を飾った。代表キャップ35。「ミスター・ラグビー」と呼ばれた。

98年現役引退。その後、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーに就任。
00年NPO「スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構(SCIX)」を旗揚げ。

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop