アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6504

イヴェット・ショヴィレ



仏バレエダンサー、バレエ教師のイヴェット・ショヴィレ (Yvette Chauviré)、19日死去、99歳。

1917年生まれ。10歳でパリ・オペラ座バレエ学校に入学。セルジュ・リファールらに学び、29年「ジャンヌの扇」で初めてソロを踊る。34年パリ・オペラ座のコール・ド・バレエに加わる。37年映画「白鳥の死」に出演。38年プルミエ・ダンスール、41年エトワールに任命される。
ヌレエフによって「レジェンド」と称され、「ジゼル」の第一人者といわれた。72年オペラ座を引退。

その後はオペラ座バレエ学校、パリ国際ダンス・アカデミー校長などを務めた。
フランス人でただひとりプリマ・バレリーナ・アッソールタの称号をもつベレエダンサーである。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop