アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6522

奥野誠亮



元衆議院で法務大臣・文部大臣などを務めた奥野誠亮、老衰のため東京都渋谷区の自宅で16日死去、103歳。

1913年奈良県生まれ。38年東京帝国大学を。内務省に入省。高知県警本部長、自治省財政局長をへて、63年事務次官に就任。
38年衆院議員に初当選(13回連続当選)。文相、法相、国土庁長官、自民党安全保障調査会長などを歴任した。

80年国会答弁で自主憲法制定の考えを示し、野党が反発した。87年国会で「日本に侵略の意図はなかった」「盧溝橋事件は偶発的」などと答弁し、閣僚を辞任した。
03年衆院選に出馬せず、議員を引退。アジア福祉教育財団の名誉会長を務めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop