アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6537

市川健夫



地理学者で東京学芸大名誉教授の市川健夫、肺炎のため長野県小布施町の病院で7日死去、89歳。

1927年長野県小布施町生まれ。東京高等師範学校を卒業。長野県内で中学・高校の教師を務めたのち、東京学芸大教授となる。このほか信州短大教授も務めた。91年東京学芸大名誉教授。
94年開館の長野県立歴史館で初代館長に就任、05年まで勤めた。このほか長野県政史編纂委員、県文化財保護審議会長なども歴任。

ブナ帯文化論や青潮文化論などで知られ、信州の自然・風土・文化などを題材にした「信州学」を確立。
90年風土研究賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop