アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6560

オリバー・スミシーズ



遺伝学者でノーベル医学生理学賞受賞者のオリバー・スミシーズ(Oliver Smithies)、ノースカロライナ州チャペルヒルの病院で10日死去、91歳。

1925年英国中部ハリファクス生まれ。51年英オックスフォード大学で生化学博士号を取得。専門は生体臨床医学者。
60-88年まではウィスコンシン大学マディソン校で遺伝学の助手、助教授、教授として勤めた。88年ノースカロライナ大学チャペルヒル校病理学教授に就任。米国籍を取得。
02年妻でノースカロライナ大学病理学教授の前田信代とともに、マウスを染色体上にある遺伝子を別の遺伝子で置き換える手法を開発し、この手法を用いて貧血や動脈硬化のモデルマウスを作成。
07年2人の研究者とともににーベル医学生理学賞を受賞。マウスの胚性肝細胞(ES細胞)を使って特定の遺伝子を改変する原理の発見が評価された。このほか01年ラスカー賞(基礎医学部門)、02年ウォルフ医学賞など受賞。

      
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop