アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6570

木之本興三



Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)創設の立役者の1人で元専務理事の木之本興三、鬱血性心不全のため千葉市中央区の病院で15日死去、68歳。

1949年千葉市生まれ。東京教育大学(現:筑波大学)を卒業。古河電気工業に入社。75年グッドパスチャー症候群を患い、腎臓摘出。5年間、古河電工を休職するが80年復職。83年古河電工を退社。JSL専任の事務局長に就任。川淵三郎らとサッカーのプロ化に向けて奔走。
91年日本プロサッカーリーグ常務理事、98年日本プロサッカーリーグ 専務理事に就任。02年FIFAワールドカップ日本選手団団長を務めた。この間、99年から強化推進本部副本部長を務め、W杯日韓大会に向けた日本代表の強化に尽力した。大会期間中にホテルで倒れ、バージャー病と診断される。03年Jリーグ専務理事退任。近年は千葉でクラブを主宰し、地域密着と若年層育成などに取り組んでいた。

      
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop