アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6583

松方弘樹



俳優の松方弘樹(本名:目黒浩樹)、脳リンパ腫のため東京都内の病院で21日死去、74歳。昨年2月に体調不良を訴えて入院していた。

1942年東京市王子区(現:東京都北区)出身。60年17歳明大中野高校3年のとき「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」で主演デビュー。映画「昭和残侠伝」シリーズの助演、NHK「人形佐七捕物帳」の主演など、時代劇やヤクザ映画に出演する。その後、映画「仁義なき戦い」シリーズなどの実録路線、「柳生一族の陰謀」などの大型時代劇で活躍。このほか映画「許されざる者」「首領になった男」「修羅の群れ」などに出演した。
一方で、TVバラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ」の笑い上戸キャラで人気を呼びんだ。

釣り好きで知られ、。09年萩クロマグロトーナメントで体長2.73m、体重325kgのクロマグロを釣りあげて記録を更新した。
父は時代劇スターの近衛十四郎、母は女優の水川八重子。俳優の目黒祐樹は弟。元妻で女優の仁科亜希子との間に、次男でタレントの仁科克基と三女でタレントの仁科仁美がいる。

    

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop