アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6601

エティエンヌ・チセケディ



元ザイール(現:コンゴ民主共和国)首相のエティエンヌ・チセケディ(Étienne Tshisekedi wa Mulumba)、肺塞栓症のためにベルギーの首都ブリュッセルで1日死去、84歳。

1932年中部アフリカに位置するベルギー領コンゴ(現:コンゴ民主共和国)生まれ。ロヴァニウム大学の法科大学院を卒業。71-97年まで独裁者ローラン・カビラがザイール(コンゴ)を統治するなか、一貫して非武装の民主運動家として活動を続けた。
内戦が続くなか91年、92-93年、97年の計3度、コンゴ首相を務める。3度目の97年は4月2日に首相に就任するも、ローラン・カビラ率いる反政府勢力が首都キンシャサに迫り、チセケディの首相就任を認めず、4月9日に首相職を退いた。2011年、チセケディはコンゴ民主共和国大統領宣言をおこなっている。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop