アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6606

三浦朱門



作家で元文化庁長官の三浦朱門、3日死去、91歳。

1925年東京府豊多摩郡(現・東京都中野区)東中野。48年東京大学文学部を卒業。日本大学芸術学部非常勤講師となる。
50年「新思潮」に参加。51年「冥府山水図」でデビュー、52年「斧と馬丁」で芥川賞候補となり作家活動に。芥川龍之介を思わせる作風でし、安岡章太郎や吉行淳之介、遠藤周作らとともに「第三の新人」と呼ばれた。67年「箱庭」で新潮社文学賞、83年「武蔵野インディアン」で芸術選奨文部大臣賞。「老人よ、花と散れ」「日本人をダメにした教育」など家庭や教育問題の著作も多い。

この間52年日大助教授、67年教授、69年日大紛争で学生からも孤立し教授を辞職。のち中部大学女子短期大学教授、91-95年まで同大学学長を務めた。85-86年文化庁長官を務め、88-94年日本文芸家協会理事長。96年教育課程審議会会長に就任。04-14年日本芸術院院長。
妻は作家の曽野綾子(本名:三浦知寿子)。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop