アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6625

船村徹



作曲家の船村徹(本名:福田博郎)、神奈川県藤沢市の病院で16日死去、84歳。

1932年栃木県塩谷町生まれ。東洋音楽大学(現:東京音楽大学)を卒業。在学時に、作詞家の高野公男と組み作曲の活動を開始。53年雑誌「平凡」コンクール曲で「たそがれのあの人」が第一席となり、レコード化され作曲家デビュー。55年春日一郎の「別れの一本杉」で本格的な作曲家活動にはいる。その後、「ご機嫌さんよ達者かね」「あの娘が泣いている波止場」「柿の木坂の家」「早く帰ってコ」がヒット。61年村田英雄の「王将」は戦後初のミリオンセラーを記録した。手がけた曲は曲は5000曲以上にのぼる。

日本音楽著作権協会(JASRAC)名誉会長、日本作曲家協会最高顧問、横綱審議委員会委員などを歴任。56年の山田耕筰以来、作曲家として2人目の文化勲章を受章した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop