アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6630

藤池昇龍



プロゴルファーで九州プロゴルフ研修会会長の藤池昇龍、自宅で19日死去、63歳。心臓の手術を受けるなど闘病中だった。

1953年福岡県飯塚市出身。飯塚商業高校で捕手として野球部に所属。71年にドラフト9位で大洋ホエールズ(現:DeNA)に指名され、高校卒業後72年に入団。翌年日拓ホームフライヤーズ(現:日本ハムファイターズ)の山本恒敬捕手との交換トレードで根本学と共に移籍。一軍出場の無いまま74年現役引退。
プロゴルファーの藤井義将に弟子入りし、78年プロテストに合格。79年にツアーデビュー。98年三菱ギャランで1R「60」と、当時の日本ツアー最少スコアもマークした。03年日本シニアなどのタイトルも取った。
九州地区のプロゴルファーの育成のため14年から九州プロゴルフ研修会の会長を務めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop