アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6637

鈴木清順



映画監督の鈴木清順(本名:鈴木清太郎)、慢性閉塞性肺疾患のため東京都内の病院で13日死去、93歳。

1923年東京都出身。41年旧制弘前高(現:弘前大学)に入学。43年学徒出陣、陸軍二等兵として入隊しフィリピン、台湾を転戦。46年復学し、48年卒業。松竹に入社して助監督になる。54年日活に移籍し、56年「港の乾杯 勝利をわが手に」で監督デビュー。58年清順と名乗り、アクション映画を監督し渡哲也主演「東京流れ者」、高橋英樹主演「けんかえれじい」などがヒット。67年宍戸錠主演「殺しの烙印」を監督するが、難解として日活が上映を中止し専属契約を解除。和解後の77年「悲愁物語」で10年ぶりに監督復帰。80年「ツィゴイネルワイゼン」でベルリン国際映画祭審査員特別賞を受賞。「陽炎座」「夢二」を撮り、大正浪漫3部作と呼ばれた。05年「オペレッタ狸御殿」はカンヌ国際映画祭に特別招待された。
このほかTVアニメ「ルパン三世」の監修ほか、俳優として映画「ヒポクラテスたち」「不夜城」、NHK連続TV小説「青春家族」やフジTV系ドラマ「美少女仮面ポワトリン」などに出演した。
元NHKアナウンサーの鈴木健二は実弟。 

      
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop