アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6644

饗庭孝男



文芸評論家、仏文学者で青山学院大名誉教授の饗庭孝男、肺炎のため横浜市の病院で2月21日死去、87歳。

1930大津市生まれ。53年南山大学人文学部を卒業。南山大学助手をへて、59年青山学院大学文学部専任講師、助教授をへて、教授に就任。84年定年退任。南女子大学文学部教授となり、95年退職。
この間の67年フランス政府招聘教授としてパリ大学と国立高等研究院で研究。66年「戦後文学論」を発表し評論家としての地位を確立した。04年「故郷の廃家」で滋賀県文化賞を受賞。日本や西欧の文化や芸術、思想などを幅広く研究し、主な著書に「石と光の思想」「幻想の都市」「近代の解体 知識人の文学」「日本の隠遁者たち」など。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop