アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6657

宮部行範



元スピードスケート選手で五輪銅メダルの宮部行範、病気のため東京都内の病院で7日死去、48歳。

1968年東京都葛飾区出身。5歳のとき釧路市へ転居、スケートを始める。青山学院大学を卒業、三協精機(現:日本電産サンキョー)に入社。アルベールビルオリンピック代表となり1000mで銅メダルを獲得した。
引退後、スピードスケートの振興などを目的に長野でNPO法人を設立。日本オリンピック委員会(JOC)の海外派遣事業によりオハイオ州立大学大学院に留学し、スポーツマネージメントを専攻。その後、JOC職員となる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop