アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6678

トリシャ・ブラウン



米振付家のトリシャ・ブラウン(Trisha Brown)、テキサス州サン・アントニオで18日死去、80歳。血管性認知症を患い、長く闘病していた。

1936年ワシントン州アバディーン生まれ。ダンサー、コレオグラファー。47年アクロバティクスやジャズ、バレエ、タップを習いはじめる。54年カルフォルニア州オークランドのミルスカレッジで学びながら、アメリカン・ダンス・フェスティヴァルでマース・カニングハムなどに師事。
50年半ば本格的な活動を開始。61年ニューヨークに移り、マース・カニングハム・スタジオの実験ダンス・コンポジションのクラスに参加。70年ニューヨークで70年には,レイナーらとともに実験的振付けグループ「グランド・ユニオン」を結成するとともに、舞踊団「トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー」を設立。ダンサーが重力に逆らうかのように壁と垂直になって動く「建物の壁を歩く」や、ビルの屋上を舞台に踊る「ルーフ・ピース」など、従来のモダンダンスやシアター概念を超えた実験的作品を数多く発表。ポスト・モダンダンスの先駆けとなる。パリ・オペラ座バレエ団の振り付けも手がけている。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop