アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6737

林敏彦



大阪大学名誉教授でミクロ経済学が専門の林敏彦、急性骨髄性白血病のため兵庫県西宮市の病院で4月28日死去、74歳。

1943年岡山県出身。66年京都大学経済学部を卒業。大阪大学大学院経済学研究科修士課程に進学、熊谷尚夫に師事。フルブライト奨学生として米スタンフォード大学博士課程へ留学し、年博士号を取得。スタンフォード大学でケネス・アローに師事。
神戸商科大学(現:兵庫県立大学)の講師、助教授、大阪大学経済学部助教授などをへて、同教授に就任。
その後、スタンフォード日本センター理事長、放送大学教授をへて、同志社大学大学院教授を務めた。
このほか、大阪ガス監査役、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構・研究調査本部研究統括を歴任。近年は、阪神・淡路大震災後の経済復興調査を行っていた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop