アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6739

土門正夫



元NHKアナウンサーの土門正夫、肺気腫により横浜市内の病院で2日死去、87歳。

1930年横浜市生まれ。神奈川県立工業学校に進学後、海軍航空隊予科練に入学。45年神奈川工業に復学し、47年卒業。51年日本大学専門部機械科を卒業、NHKに入局。広島局、大阪局をへて、東京アナウンス室に勤務し、主にスポーツ中継の実況を担当。60年ローマ五輪から84年ロサンゼルス五輪まで、合計7回の夏季五輪放送を担当した。バレーボールの中継担当者として知られ、64年東京五輪で女子バレーボール決勝の日本×ソビエト連邦戦のラジオ実況中継アナウンス、72年ミュンヘン五輪で男子バレーボール準決勝の日本×ブルガリア、決勝戦の日本×東ドイツの2試合のTV実況中継アナウンスを担当した。88年、NHKを離れ、フリーのアナウンサー・スポーツコメンテーターに転身。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop