アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6769

グレッグ・オールマン



米ミュージシャンで「オールマン・ブラザーズ・バンド」ボーカリスト兼オルガンプレイヤーのグレゴリー・ルノワール・オールマン(Gregory Lenoir Allman) 、肝臓がんの合併症により南部ジョージア州サバンナの自宅で27日死去、69歳。
1947年テネシー州ナッシュビル生まれ。その後一家でフロリダに移住。65年高校卒業後に「オールマンズ・ジョイズ」を結成。南部を中心にツアー活動をおこなう。その後「アワーグラス」を結成、アルバムを発表するが解散。
69年兄デュアンに誘われ「オールマン・ブラザーズ・バンド」結成に参加。71年デュアンの死後もオールマン・ブラザーズ・バンドの活動を支え続ける。ブルースやカントリーの音楽性を強く打ちだした「サザン・ロック」と呼ばれるロックの代表的存在となる。73年初のソロアルバム「レイド・バック(Laid Back)」発表。
07年過去の刺青処置で感染したと思われるC型肝炎を発症。08年複数の肝腫瘍が発見され、10年肝臓を移植した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop