アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6774

杉本苑子



歴史小説家の杉本苑子、老衰のため5月31日死去、91歳。

1925年東京都新宿区出身。旧制千代田女子専門学校(現:武蔵野大学)、文化学院を卒業。52年「燐の譜」で「サンデー毎日」懸賞小説に入選。選考委員の吉川英治に師事。61年に初の短編集「船と将軍」を出版。62年「孤愁の岸」で直木賞を受賞。歴史小説家として多くの作品を手がけた。
78年「滝沢馬琴」で吉川英治文学賞を受賞。85年「春の波濤」(原作「マダム貞奴」「冥府回廊」)がNHK大河ドラマとして放映される。86年「穢土荘厳」で女流文学賞を受賞。02年菊池寛賞、文化勲章を受けた。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop