アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6820

上田利治



元プロ野球阪急(現:オリックス)監督の上田利治、死去、80歳。

1937年徳島県宍喰町(現:海陽町)出身。海南高校時代から捕手をつとめ、関西大学二部法学部に進学。野球部に入部し、村山実とバッテリーを組んで関西六大学リーグで4回優勝。59年広島カープに入団。53試合に捕手として先発するが、肩を壊し61年現役引退。
62年日本プロ野球史上最年少の専任コーチとして25歳で広島二軍コーチに就任。63年一軍コーチとなる。69年シーズン後、根本陸夫監督と意見が対立し退団。71年阪急ブレーブスのヘッドコーチに就任。74年37歳で阪急監督に就任。就任2年目の75年からリーグ4連覇を含む5度の優勝、日本シリーズ3連覇をなしとげ、阪急黄金期を築いた。78年に一度退任した後81年に復帰し、90年退団。95年から5年間、日本ハム監督を務めた。
監督通算成績は1322勝1136敗116分け、勝率.538。1322勝は歴代7位。03年野球殿堂入り。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop