アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6836

藍田正雄



江戸小紋師の藍田正雄、肝不全のため、群馬県高崎市の自宅で9日死去、77歳。

1940年茨城県竜ヶ崎市生まれ。3歳で群馬県高崎市に移る。父は小紋師・藍田春吉型。15歳から修行にでて、紙を使って精緻な文様を染める江戸小紋の技法を学ぶ。77年旧群馬町(現:高崎市)に工房を構える。日本伝統工芸染織展で文化庁長官賞など受賞多数。99年群馬県指定重要無形文化財保持者に認定された。木目のようなモアレを表現した「板引き杢」など独自技法を開発した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop