アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6838

三谷吾一



漆芸家の三谷吾一(本名:三谷伍市)、肺炎のため金沢市の病院でで12日死去、98歳。自宅は石川県輪島市。



1919年石川県輪島出身。33年14歳で沈金師・蕨舞洲に師事、38年前大峰に師事。41年沈金職人として独立。42年「沈金漆筥」が新文展初入選、65年「飛翔」で現代工芸大賞読売新聞社賞を受賞、66年「集」で日展特選北斗賞を受賞、70年「翼」で日展特選北斗賞を受賞、78年「星月夜」で日展会員賞を受賞。84年北國文化賞、88年「潮風」で日本芸術院賞など受賞多数。漆表面に図柄を彫って金箔などを塗り込む、輪島塗の沈金職人として、独特の点彫り技法と透明感のある彩色法で高く評価された。02年芸術院会員、15年文化功労者。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop