アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6844

東海林周太郎

元バスケットボール男子日本代表選手の東海林周太郎氏、心筋梗塞のため神奈川県藤沢市の病院で15日死去、83歳。

1933年山形市出身。立教大学を卒業。バスケットボール全日本チームの一員として、56年メルボルン五輪と60ローマ五輪に出場。
日本鉱業に入社し、選手として活動。引退後はコーチに転じ、66年全日本チームの監督を務めた。95年バスケットボール日本リーグ機構(JBL)の発足とともに、専務理事に就任した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop