アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6846

日野原重明



聖路加国際病院名誉院長の日野原重明、呼吸不全のため18日死去、105歳。

1911年 山口県下宇野令村(現:山口市)生まれ。神戸市育ち。京都帝国大学(原:京都大学)医学部を卒業。41年から内科医として聖路加国際病院に勤める。43年京都帝国大学医学で博士号取得。戦後いち早く、患者と対等に接する医療に着目し、看護教育の充実などに取り組んだ。51年から1年間米エモリー大医学部に留学。聖路加病院内科医長、聖路加看護大学学長、同病院長などを歴任。71年予防医療と健康教育の実践を目的とした財団法人ライフ・プランニング・センターを設立し、「生活習慣病」の概念を提唱した。このほか、日本初の独立型ホスピスを設立するなど、生活習慣病の予防や終末期医療の充実などに尽力した。

70年日航機「よど号」ハイジャック事件に遭遇し人質になる。95年地下鉄サリン事件では同病院に多数の被害者を受けいれ、治療の陣頭指揮にあたった。
05年文化勲章を受章。100歳を過ぎても現役医師を続け、「生きかた上手」「いのちの授業」などの著作や講演で広く知られた。


関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop