アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6848

中路融人



日本画家の中路融人、ホジキンリンパ腫のため京都市の病院で18日死去、83歳。

1933年京都市生まれ。52年日吉ヶ丘高校美術科を卒業。デザイン事務所に勤務。54年晨鳥社に入塾し、山口華楊に師事。56年日展に初入選。62年晨鳥社展で京都府知事賞、京展で京都市長賞、日展で特選・白寿賞を受賞。75年日展特選を受賞。95年日展文部大臣賞を受賞。97年日本芸術院賞を受賞。風景画を得意とし、滋賀県の琵琶湖周辺を描いた風景画で知られる。
日展常務理事、晨鳥社会長などを務めた。01年日本芸術院会員、12年文化功労者、14年日展顧問。16年滋賀県東近江市に中路融人記念館がオープンした。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop