アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

6854

平尾昌晃



作曲家・歌手の平尾昌晃、肺炎のため東京都内の病院で21日死去、79歳。

1937年東京市(現:東京都新宿区)生まれ。慶応高校を中退。ウエスタンバンド「チャック・ワゴン・ボーイズ」に入る。ボーカルの小坂一也が脱退し、「オールスターズ・ワゴン」にとなる。57年石原裕次郎主演の「嵐を呼ぶ男」に出演。58年「リトル・ダーリン」でソロ・デビュー。ミッキー・カーチス、山下敬二郎とともに「ロカビリー三人男」として人気を博した。58年「星は何でも知っている」、59年「ミヨチャン」を発表し、ともに100万枚を売り上げる大ヒットとなった。
その後、作曲家として布施明の「霧の摩周湖」「恋」、じゅん&ネネ「愛するってこわい」、梓みちよ「渚のセニョリーナ」などがヒット。「霧の摩周湖」、「渚のセニョリーナ」は日本レコード大賞作曲賞を受賞。71年五木ひろし「よこはま・たそがれ」、小柳ルミ子「わたしの城下町」が大ヒット。72年小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」で日本歌謡大賞受賞。73年五木ひろし「夜空」で日本レコード大賞受賞。
74年「平尾昌晃音楽学校(現:平尾昌晃ミュージックスクール=HMS)」を創立。多くの歌手を輩出した。
社団法人日本作曲家協会・常務理事、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事を歴任。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop