アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
6903

両角良彦



旧通商産業省(現:経済産業省)事務次官や電源開発総裁を務めた両角良彦、11日死去、97歳。

1919年長野県出身。東京帝国大学(現:東京大学)法学部を卒業。42年商工省(旧通産省の前身)に入省。通産省企業局企業一課長、官房長、企業局長などをへて、71年通産事務次官に就任。退官後、電源開発総裁や日銀政策委員を歴任した。城山三郎の小説「官僚たちの夏」の主要人物のモデルにもなった。
エネルギー行政に携わる傍ら、ナポレオンの研究家として文筆活動に力を入れた。81年「1812年の雪―モスクワからの敗走」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。著書に「反ナポレオン考」など。

関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop