アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

お薦め




6917

ミレーユ・ダルク



仏女優のミレーユ・ダルク(Mireille Darc)、8月28日死去、79歳。脳血管疾患の治療中で、数日間昏睡状態にあった。

1938年フランスのヴァール県トゥーロン生まれ。トゥーロンのコンセルヴァトワールを卒業。59年パリにでる。60年オノレ・ド・バルザック原作「領主館」のTV映画「地獄の傍らで」でデビュー。同年短篇映画デビュー。65年ジョルジュ・ロートネル監督「恋するガリア」に主演し、マール・デル・プラタ国際映画祭主演女優賞を受賞。68年ジャン・エルマン監督「ジェフ」の撮影でアラン・ドロンと初共演し、以降約15年間愛人関係にあった。60-70年代に50本以上の長編作品に出演。88年「ソフィー/遅すぎた出逢い」で映画監督デビュー。
06年レジオンドヌール勲章シュヴァリエ章、09年国家功労章コマンドゥール章を受章。
他の出演作に66年リノ・バンチュラ主演「女王陛下のダイナマイト」、ジャン=リュック・ゴダール監督「ウイークエンド」、70年アラン・ドロン主演「ボルサリーノ」など。

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop