アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
6933

オットー・ワンツ



オーストリアの元プロレスラーでプロモーターのオットー・ワンツ(Otto Wanz)、同国グラーツで14日死去、74歳。

1943年オーストリア・グラーツ出身。アマチュアボクサーから、69年西ドイツでプロレスに転向。欧州を代表する団体CWA(Catch Wrestling Association)の初代世界ヘビー級王者となる。73年グラン・ラパンのリングネームで国際プロレスに初来日。76年新日本プロレスにブルドッグ・オットーの名で初参戦。82年世界3大団体の1つといわれた米国のAWAの世界ヘビー級王座をニック・ボックウインクルから奪取。83年新日本プロレスのIWGP決勝リーグ戦に欧州代表として出場。
プロモーターとしても活動し、アンドレ・ザ・ジャイアンなどを来日させた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop