アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7012

西田厚聡



元東芝社長・会長の西田厚聡、急性心筋梗塞のため東京都内の病院で8日死去、73歳。

1943年三重県出身。68年早稲田大学第一政治経済学部を卒業。70年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程を修了。
イランから東大に留学していた女性と結婚。イランの現地資本と東芝の合弁会社に入社。75年東芝本社に転じる。海外営業畑を歩み、欧州や米国に駐在。パソコン事業部長などを務め、東芝のパーソナルコンピューター事業を興した功績者のひとりとされる。常務、上席常務、執行専務をへて、05年社長に就任。米原発メーカー、ウェスチングハウス(WH)の買収を決断。三菱重工業などと競り合い、54億ドル(当時約6400億円)で買収合戦を制した。東京・銀座の東芝ビルや東芝EMIなどグループ企業を売却。一方で、原発と半導体メモリーの2つを強化する「選択と集中」を進めた。しかし、WH買収が17年に東芝を債務超過に陥れることになる。
09年会長となり、14年相談役に退く。
このほか経団連副会長、日本経済再生本部の産業競争力会議代表幹事など務めた。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop