アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7021

上田真而子



翻訳家の上田真而子、17日死去、87歳。

1930年和歌山県高野町生まれ。京都府立女子専門学校を卒業。西ドイツへ留学、マールブルク大学を中退。京都ドイツ文化センターに勤務。その後、ドイツ児童文学の翻訳活動に専念する。82年(ミヒャエル・エンデ作「はてしない物語」』で日本翻訳文化賞、88年「あの年の春は早くきた」で国際アンデルセン賞国内賞を受賞。他の翻訳作品イナー・チムニクラ作・絵「ジム・ボタンの機関車大旅行」「あのころはフリードリヒがいた」「熊とにんげん」など。夫は哲学者の上田閑照。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop