アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7031

スー・グラフトン



米推理作家のスー・グラフトン(Sue Taylor Grafton)、米カリフォルニア州サンタバーバラで12月28日死去、77歳。がんを患っていた。

1940年ケンタッキー州ルイビル生まれ。61年ルイビル大学(英文学専攻)を卒業。カリフォルニア州サンタモニカやサンタバーバラの病院で受付や秘書として働く。脚本家に転向し、TV映画の脚本を執筆。79年「Walking Through the Fire」 の脚本でクリストファー賞を受賞。夫スティーヴン・ハンフリーとの共同でアガサ・クリスティの「カリブ海の秘密」「忘られぬ死」などのTV用脚本を手がけた。82年女性探偵を主人公にしたミステリー小説「アリバイのA」を刊行。タイトルに順番にアルファベットを付けたシリーズを発表。19年「ゼロのZ」の出版を計画していたが、17年Yの作品が最後になった。
父は弁護士で推理作家のC・W・グラフトン。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop