アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7034

真屋順子



女優の真屋順子(本名:高津詔子)、12月28日死去、75歳た。脳梗塞や大動脈瘤などを患い闘病生活を続けていた。

1942年朝鮮・釜山生まれ。大分県日田市育ち。大分県立日田高校を中退。松竹歌劇団(SKD)に入団。俳優座養成所(俳優座13期生)を卒業後、劇団雲に研究生として入る。75年演劇集団 円に参加。64年NHK大河ドラマ「赤穂浪士」でTV初出演。76年開始の「欽どこ」で萩本欽一の妻役としてレギュラー出演、人気を博す。山口百恵主演「赤い絆」では山口の敵役を演じる。80年夫の高津住男と劇団樹間舎を旗揚げ。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop