アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7035

住田正二



JR東日本の初代社長で元運輸事務次官の住田正二、老衰のため12月20日死去、95歳。

1922年兵庫県神戸市生まれ。東京帝国大学法学部に入学するが、43年学徒出陣。朝鮮第24部隊に二等兵として配属され、その後経理幹部候補生となり新京経理学校に入学。戦後は大学に復学し、47年運輸省に入省。大臣官房長、鉄道監督局長などをへて、78年運輸事務次官に就任。79年退官。
81年全日本空輸に社長候補の顧問として招聘されるが、ロッキード事件の証言を変更するよう要請してきた若狭得治と対立して82年に退社。86年運輸経済研究センター会長をへて、87年JR東日本社長に初代就任。民営会社に移行後の組織効率化を進める。93年同社会長、96年最高顧問、0年相談役となる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop