アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
7041

森山京



児童文学作家の森山京、脳出血のため横浜市内の自宅で7日死去、88歳。

1929年東京都生まれ。小学校時代のほとんどを旧満州藩陽で過ごす。兵庫県立福崎高等女学校(現:兵庫県立福崎高校)卒業。神戸女学院大学を中退。大阪阪急百貨店宣伝部をへて、フリーのコピーライターとして独立。日本デザインセンターなどで活動し、化粧品のCMコピー「25歳はお肌の曲がり角」などで知られた。
68年「こりすが五ひき」で講談社児童文学新人賞佳作入選。出産を経て、8年後に執筆再開。「ねこのしゃしんかん」でボローニャ国際児童図書展エルバ賞特別賞受賞。89年「きつねの子」シリーズで路傍の石幼少年文学賞、90年「あしたもよかった」で小学館文学賞、96年「まねやのオイラ旅ねこ道中」で野間児童文芸賞、99年「パンやのくまちゃん」でひろすけ童話賞、09年「ハナと寺子屋のなかまたち 三八塾ものがたり」で赤い鳥文学賞を受賞した。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop