アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




7058

石牟礼道子



作家の石牟礼道子、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で10日死去、90歳。

1927年熊本県宮野河内村(現:天草市)生まれ。生後まもなく水俣町(現:水俣市)に移り、水俣実務学校(:・水俣高校)を卒業。代用教員、主婦をへて、58年谷川雁の「サークル村」に参加、詩歌を中心に文学活動を開始。56年短歌研究五十首詠(後の短歌研究新人賞)に入選。
59年水俣病患者の姿に衝撃を受け、69年水俣病患者の姿を伝える「苦海浄土」第1部を刊行。70年大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれたが、辞退。74年第3部「天の魚」を出版、04年第2部「神々の村」で「苦海浄土」(全3部)が完結した。
水俣病第1次訴訟を支援する「水俣病対策市民会議」の発足に尽力、水俣病の原因企業チッソとの直接対話を求めた川本輝夫らの自主交渉の運動を支える。
73年「苦海浄土」など水俣病関連の作品でアジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞を受賞。93年「十六夜橋」で紫式部文学賞。03年詩集「はにかみの国」で芸術選奨文部科学大臣賞。02年発表の新作能「不知火」は、04年水俣湾埋め立て地で上演される。02年ごろからパーキンソン病を患っていたが、14年「祖さまの草の邑」で現代詩花椿賞を受賞。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop