アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




7076

スティーブン・ホーキング



宇宙物理学者で英ケンブリッジ大教授のスティーブン・ホーキング(Stephen William Hawking)、英中部ケンブリッジの自宅で死去、76歳。

1942年英オックスフォード生まれ。57年オックスフォード大学ユニバーシティカレッジ入学、ボート部に所属。62年オックスフォード大学卒業。ケンブリッジ大学大学院応用数学・理論物理学科に入学。63年筋萎縮性側索硬化症と診断される。65年結婚。66年ケンブリッジ大学トリニティー校で学位取得。74年「ブラックホールの蒸発理論」発表。77年ケンブリッジ大学教授に就任。09年同大学を退任。

量子力学や一般相対性理論などを駆使してブラックホールの存在を示したほか、83年宇宙の始まりを解明する「無境界境界条件」論を展開するなど、新しい宇宙理論を提唱。現代宇宙論の進展に貢献した。
「車いすの天才科学者」として知られ、宇宙論の入門書「ホーキング、宇宙を語る」が世界的なベストセラーになった。近年は光速の5分の1という極めて速い速度で飛ぶ小型探査機「ナノクラフト」を開発し、太陽系外の惑星や生命体を探す計画を発表。いっぽうで、AIの危険性を指摘していた。

    
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop