アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

記憶に残る人 -女優-
お薦め




7098

月亭可朝



落語家の月亭可朝(本名・鈴木傑=すずき・まさる)、急性肺腺維症のため兵庫県内の病院で3月28日死去、80歳。

1938年横浜市生まれ。幼少時に大阪に転居。大学入試に失敗し、3代目林家染丸に入門。林家染奴の高座名で、59年大阪・千日劇場で初舞台。しかし女性問題で破門され、61年3代目桂米朝に再入門。2代目桂小米朝と改名する。その後、初代月亭可朝を襲名。
69年コミックソング「嘆きのボイン」を発売し大ヒット。その後、71年と01年に国政選挙に出馬するがともに。08年ストーカー規制法違反で逮捕された。08年の「可朝・福團治二人会」で、初めて天満天神繁昌亭の高座にあがる。
直弟子に月亭八方、孫弟子に八光、方正がいる。
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop