アドセンス 


サイト内検索
検索ページへ

※ キーワードを入力ください

7105

廣重毅



空手家の廣重毅、横須賀市内の病院で18日死去、70歳。

1947年福岡県北九州市出身。73年25歳で極真会館総本部に入門。大山倍達のもと極真会館東京城南支部長となり、堺貞夫、緑健児(現:新極真会代表)、八巻建弐(現:八巻空手)、数見肇(現:数見道場)など多数の世界・日本王者を育て、名伯楽と呼ばれた。
94年大山の死後、極真会館(松井派)関東本部長を務める。02年極真会館最高顧問・主席師範だった盧山初雄とともに同会館を離脱。03年盧山初雄が興した極真奨学会 極真空手道連盟極真館に合流し、副館長を務めた。17年副館長職を辞任、極真館を自主退会し、極真武道空手連盟 極真拳武會を設立した
関連記事


      











0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

- obituary -
月別アーカイブ
Return to Pagetop